UA-84346890-1

たつにいの日々向上

「たつにい」の興味のある物や経験(ダイエット・恋愛・プロレス・レビュー等)をもとに日々向上できることを共有していきたいブログです。

【祝復刻・発売記念】ニンテンドークラシックミニ ファミコンの中からの思い出のソフト紹介

calendar

reload

【祝復刻・発売記念】ニンテンドークラシックミニ ファミコンの中からの思い出のソフト紹介

アラフォー世代には、たまらない商品が発売されます。その名も「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」です。手のひらサイズに収まり、本体にカセットは差すことができませんが、あらかじめ本体にはファミコンとディスクシステムの中から選りすぐりのソフト30本が内蔵されています。この中から、たつにいが過去にプレイしたことのあるソフトを紹介したいと思います。(少年時代の過去の記憶なので主観的です)


シンプルで80年台を思い出す、このパッケージデザインには、おとなになっても心揺さぶられる何かを持っています。おそらく、少年時代にファミコンがほしい!って思った記憶が脳裏に焼き付いているのでしょうか。

このシンプルなゲーム機には少年時代の思い出がぎっしりと詰まっています。ファミコンについてのエピソードは、持っていた人なら誰でもあると思います。

スポンサーリンク

ファミコンとは

ここで、ファミコンについて簡単におさらいしてみます。任天堂のホームページより・・・

1983年7月15日に日本で発売後、世界中で6,000万台以上を販売した家庭用ゲーム機。マリオ、ゼルダ、ドンキーコングなどのビデオゲームの名作がカセット方式でソフトを交換して家庭のテレビで簡単に遊べるのが特徴で、10年以上の長期にわたりソフトが発売され、現在でも語り継がれるソフトも多数生まれました。

ファミコンとの出会い

ファミコンと出会ったのは、小学校に入るちょっと前の誕生日プレゼントに、親の知り合いから頂いたのがキッカケでした。ソフトは今思えばクソゲーですが、サッカーやベースボールと任天堂のソフトでしたが、初体験のたつにいにはものすごい新鮮で、楽しくプレイしていた記憶があります。

ファミコンとの思い出

当時の状況を振り返ると、少年時代は、ファミコン中心の生活といっても過言ではなかったかもしれません。思い出をざっと振り返ると・・・

  • ゲームプレイ中本体を触るとバグって、リセットしないとプレイできなくなる
  • カセットを入れて起動できない時、基盤に息を吹きかけると、起動する
  • プレイを中断する時、また再開する為にパスワードをメモって再開するが、間違ってプレイ不可になる(泣)
  • カセットの裏面にマジックで名前を書く
  • ファミコンのやり過ぎで、親にファミコンを隠される
  • ファミコンソフトを借りパクされる
  • etc・・・

下手すると、最近のゲームより、記憶に残っています。少年時代の多感な時期に、色々な経験で喜怒哀楽し、時代を共に生きた思い出深いゲーム機だからなのかもしれません。だから本体のパッケージを見るといまだにテンションが上がります。

本体内蔵のソフト30本

famicom

この30本以外は、後から追加することもできませんが、アクションやRPGの名作、スポーツや格闘、2P同時プレイ等幅広いソフトがあるのでやりこみがいは、ありそうですね!

他にもリセットボタンを押すと、中断ポイントとして保存でき、後から再開することができる機能もあるようです。また、液晶テレビにHDMIケーブルで接続できたり、クラシックながら、現在のテクノロジーも搭載されていて、小型化されて多機能だなと思いました。

思い出のソフト3つ

  1. スーパーマリオブラザーズ
  2. ファイナルファンタジーⅢ
  3. ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ!大運動会

1.スーパーマリオブラザーズ


言わずと知れたスーパーマリオブラザーズです。割りとファミコンを所持してから早めに親に買ってもらった記憶があり、妹と親と家族で交代交代でプレイして、交代したくなくて、連続でプレイしてケンカした思い出のあるソフトです(笑)

当時ファミリーコンピューターマガジンという雑誌(通称ファミマが)で攻略記事がでてて、裏技やおもしろ技など多数出てたと思います。土管に入った地下の面では、コインの枚数の表示のあるところまでマリオを移動し、股間にコインを当ててキン◯マリオと言って遊んだり、ノコノコと段差を使って、無限1UPを練習したり、8-4の最終面では、迷路に苦しめられたり、思い出深いソフトの一つでした。

2.ファイナルファンタジーⅢ

ファミコンソフトの中でも屈指の名作RPGといっても過言ではないソフトです。たつにいは当時ドラクエⅢにハマっており、近所の友だちがファイナルファンタジーⅢをやっていました。その頃はドラクエと比べると知名度はなかったかもしれませんが、たつにいも全く知らなかったので、こんなのもあるんだと思っていた程度でした。

実際にプレイするとやりこみ要素満載だったり、隠し通路・スイッチやジョブチェンジシステム、最弱だと思っていたたまねぎ剣士が強くすることでモンスターに9999ダメージを与えるほどの強さになるなど、色々な隠し要素が楽しみだった記憶があります、ですがあまりプレイ内容は覚えてません^^;

でももう一度プレイしたいソフトの一つです。

3.ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ!大運動会


このソフトも記憶に鮮明に残っています。まず驚いたのが、ファミコンで4人同時対戦プレイができるということで、友だちとワイワイやりながら楽しめるというのが新鮮でした。

ダウンタウンと言ってもお笑いのダウンタウンではなく、熱血硬派くにおくんシリーズの中の運動会バージョンです。

運動会をゲームにするという発想も面白いですが、ゲームも当時は斬新で面白かったです。他にはドッジボール、サッカー、アイスホッケー、時代劇等、さまざまなジャンルに殴り込みをかける、くにおシリーズの中でも間違いなく名作の一つでしょう。

くにおくんシリーズは格闘要素が入っており、スポーツマンシップに則った、フェアな試合にはなりません。武器を持って叩いたり、キック・パンチとあらゆる手段を使い点数を稼ぎます。

たつにいはこのゲームは苦手だったのでいつも負けてばかりで、良い記憶がないですが、4人同時プレイの楽しさを知った初めてのソフトだったと思います。

最後にまとめ

どのソフトも何度もリメイクされたりして、2Dが3Dになったり、画質が良くなったりしましたが、当時のドット絵のグラフィックや音楽も制限のある中で考え込まれたものが作られており、その中で生まれたものはやっぱり良いものが出来、人々の記憶に残っているものです。この「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター」でプレイすると、リメイクではなく、当時の画質のままプレイでき、当時は主流だったブラウン管テレビ表示モードもあるようですので、当時を再現するにはたまらない商品だと思います。

昔に戻って、思い出に浸りながらプレイするのもよし、全くファミコンを知らない世代の方たちも、対戦や協力プレイで、昔のゲームを味わうのもよいと思うので、価格も安いですし、何より任天堂公認ハードなので造りは良いと思うので、コレクションしてもいいと思います。

たつにいも時間があればやってみたいです!

2016年11月10日発売 価格5980円(税別)

 

amazonでは値段が上がっていますが、すぐに戻りそうな気もしますので、必ず適正な値段で購入しましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)よかったら、こちらの記事もどうぞ!
【PS4】ボーナス・クリスマスの年末商戦で欲しいゲーム3つ! | たつにいの日々向上

 

2016/11/22追記

まさかの大人気で、品切れ・価格上昇しています。発売日には近所のTSUTAYAに普通に売ってたのに驚きです。早く普通に供給されてほしいです。

アメリカでもNintendo Classic Mini: Nintendo Entertainment Systemという名前でとちょっと違う外観で発売されているのですが大人気のようです。中身のソフトも若干違うようです。

日本よりめっちゃ高いです(笑)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

English