UA-84346890-1

たつにいの日々向上

「たつにい」の興味のある物や経験(ダイエット・恋愛・プロレス・レビュー等)をもとに日々向上できることを共有していきたいブログです。

【第一印象】初対面で次回につなげる会話ネタ・テクニック【恋愛・婚活】

calendar

reload

【第一印象】初対面で次回につなげる会話ネタ・テクニック【恋愛・婚活】

初対面で、気になる人や好きな人と食事して、どのような会話をしたらいいのかわからない方もいると思います。次回につなげたい時、どのような会話をしたらいいかを書いていきたいと思います。

初対面シリーズは今回で3回目になります。1回目は第一印象は見た目で決まってしまうということでそれを改善すれば、選んでもらえる確率は上がるということ。
【第一印象】恋愛・婚活にも使える、初対面で興味を持ってもらえるための方法 | たつにいの日々向上

2回目は、どのような会話をするか。の前にやってはいけない会話をあらかじめ知っておくと、失敗が少なくなるということで、7つあげました。
【第一印象】初対面で終わってしまう、やってはいけないダメな会話7つ【恋愛・婚活】 | たつにいの日々向上

3回目は初対面で会って話す心構えと、どんな会話をしたらいいのかということで、会話の内容や、初対面だと会っている時間はどのくらいがちょうどいいのかをお話します。

スポンサーリンク

心構え

まず、会う前にLINE等でやり取りをしていると思いますが、相手は会ってみないとよくわからないと思っています。LINEでの自分と実際に会って話す自分ていうのは全然違ってきます。実際に会話して、相手がどんな人なんだろうと探ってきていますし、自分と性格や価値観が合うかなどを無意識に考えて話していると思います。

しかし、そこで相手に好かれようと無理をして相手に合わせるのはやめましょう。緊張しているとは思いますが、なるべく素の自分で接するようにしてください。これが出来ていないと、必ずあとでしわ寄せが来てしまいます。

もし、あなたがあまり喋らない人であれば、初めて会った時は頑張って会話をしつつ、本当はあまり喋らない性格というのを伝えたほうが相手にも理解してもらえるし、頑張って話してくれてるんだと思ってもらえると思います。

もし、あなたがおしゃべりであれば、そのままいっぱい喋る方がいいです。大人しいキャラのほうが良さそうだなと思って無理をしても絶対にバレるので、やっぱり素の自分で接しましょう。

会話の内容

会話の内容に関しては、LINE等で色々お互いのことを話ししていると思うので、主にLINEの内容を掘り下げてお話していけばネタには、困らないと思いますし、そこから新たな話題が生まれるかもしれませんので楽です。

ちなみに会話に困らないようなネタとしては・・・

  • 天気
  • 仕事の内容
  • 最近の出来事
  • 行ってみたいとこ
  • 家族のこと(親・兄弟について)
  • 子供の時の話し
  • 好きなテレビのこと
  • 部活のこと
  • 趣味
  • 恋愛話(好きなタイプ・嫌いなタイプ・振られた話・恋人いない歴等)
  • 食べ物(好き嫌い)
  • etc・・・

ざっと考えただけでもこんなにあります。これだけあれば数時間は話ができます。この中の項目からまた細分化して、その時のエピソードとかお互いのことを話して、感想を述べたり、言葉のキャッチボールをしながらお互いのことを知っていってください。

ただし、これらのことを全部話さなくてもいいです。むしろある程度残しておきましょう。人は相手のすべてを知ってしまうと興味がなくなってしまうのと、次にまた会える時に話すネタがなくなってしまうので温存しときましょう。

一つ問題なのは、なかなか会話が弾まない相手もなかにはいます。そこで会話が続かない場合は、自分が悪いわけではなく、相手にも問題があることもあるので、そんな場合は相性が悪かったんだなと思いましょう。

ついでに相性がいいと思われる時は、必ず会話のテンポが合い、時間もあっという間に過ぎていきます。逆に合わないと時間が長く感じられるので苦痛になってくると思います。もし、どんな人を選べばいいかという時は、相手と会話して、自分の直感を信じて、合いそうだなと思った人を選ぶと間違いないと思います。




初対面で会話する時間

ちょうどよい時間というのは人それぞれですし、決まってはいないですが、大体が二時間くらいがいいのではないでしょうか。もっと短くてもいいと思います。初対面ではお互い会話して、もうちょっと話したいなと思ったときぐらいに解散すると、相手のことをもっと知りたいと思い、次にまた会ってくれると思います。

逆に長過ぎると相手に新鮮味がなくなってしまい、次会うのはいいかなと思われる可能性もありますし、初対面というのは結構精神的に疲れるものです。あまり長くいてお互いが疲れてるのに無理して喋っていても、もういいかなとなってしまう可能性が上がります。

なので、いっぱい自分の事を知ってもらいたいと思って喋りたくなってしまうかもしれませんが、少し謎を残しとくと、そこが逆に気になって興味が出てきて次に繋がってくるので、ある程度余力は残しましょう。

最後にまとめ

ちょっと心理的なテクニックも書きましたが、それより大事なのは、初対面であった人と会話をして、「相手のことをいいな」と思うことと、「なんか違うな」と思うこと、どっちもあると思います。

一番は自分の直感を信じて、次に会ってもいいかなと、相手に選ばれるのではなく、自分から選んでいくというスタンスでいると緊張もしないで、素の自分を出していけると思うので、結果的に良い相手を選べると思います。

それプラス、会話で、お互いのことを知って、相手の価値観や考えが自分と合致しているか、または違くても受け入れられるかが大事だと思うので、きちんと相手の内面を見て選びましょう。

また、相手を選ぶということは、相手にも選ばれないといけないということでもあります。一番選んでもらえないのは非常識な人です。選んでもらえるためにも、自分を客観的に見て、どこか優れているところを探すとかではなく、一般的な常識があるかということを再確認し、常に自分を省みていくと選んでもらいやすくなるとと思います。

次回は、常識がない人についてまとめてみたいと思うので、自分が当てはまらないか参考にしてみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

English